• このエントリーをはてなブックマークに追加

激安価格で紙袋製作が可能な通販店の最低ロットについて

紙製の手提げ袋の事を紙袋などと呼びます。
最近は、ネットの中にある通販サイトを利用して手提げ袋の注文が出来るお店もあります。
小売店などの経営を行っている人にとって手提げ袋はお客さんに品物を渡す際に、袋の中に入れて持ち帰って貰うので必要不可欠なアイテムです。
手提げ袋にはお店がデザインを行った店舗名やロゴマークなどが印刷してあるので、手提げ袋をお客さんが持ち歩いてくれる事でお店のアピールにも繋がります。
通販店では色々なサイズ、紙質などを選ぶ事が出来ますし、既製品などの場合は激安価格で販売が行われている、最短納期で品物を届けて貰えるなどのメリットもあります。
さらに、手提げ袋のサンプルを用意しているお店もあるのでこれから手提げ袋をオーダーしたいお店のオーナーさんにもおすすめです。
尚、最低ロット数はお店毎に異なるので事前に確認しておくと安心です。

展示会イベントの時にも役立ちます

展示会を開催する時には自社製品のカタログ、サービスを紹介するためのパンフレットなどの印刷物を製作する会社は多いです。
ブースに訪れたお客さんに自由に持ち帰って貰えるように置いてあるブースもありますし、ブースに来たお客さんと名刺交換を行い、パンフレットやカタログを手渡しするブースもあります。
カタログやパンフレットは展示会場の中を回っている内に、数冊の冊子が溜まる事になるわけですが、こんな時に便利なのが手提げ袋です。
紙袋を製作している通販サイトなどでは、激安価格で商品の製造販売を行っているので、経費を節約した形でお客さんに渡す手提げ袋を用意する事が出来ます。
さらに、手提げ袋にロゴマークなどを記載しておけば、お客さんが持ち歩きながら会社のアピールをしてくれるなどの効果も期待が出来ます。

最低ロット数が少ないお店は不足している時にも安心です

展示会で用意した紙袋の残り枚数が少なくなった時、激安価格で販売している通販サイトなどの場合は、最低ロット数が少なめになっているところを選択することで追加注文も楽に行える事が出来ます。
ロット数と言うのは印刷部数の事を意味しており、最低100部などのようにお店毎に異なるのが特徴です。
仮に、10部からでも印刷が出来る、最低数が100部などになっているお店を利用する事で、残り数が後100部になったら100部の注文を行う、後10部だけ必要という時には最低数が10部からのお店を選ぶ事で無駄なく製作が出来るメリットがあります。
ちなみに、最低数量はお店毎に異なるので、お店を選ぶ時には価格などだけではなく、最低数量が幾つから可能になっているのかを確認しておくと安心ですし、無駄なく製作が出来ます。

イベントバッグなら最短3日?という短納期で価格もお安くご提供致します。 43年間の実績から紙袋を熟知したデザイナーがご提案をいたします。 全国どこでも対応いたします! 電話受付の場合、9時半から17時半まで営業しております。 完成まで最短3日から2ヶ月ほどお時間をいただいております。納期はお客様のご相談によって調整させていただくことも可能です。 「紙袋.com」で激安価格をcheck!

ピックアップ記事

激安紙袋はオリジナルデザインにしやすいのがポイント

店舗で商品を入れて渡す袋や、配布物を入れて渡すような袋はどのようなものを利用しているでしょうか。一般的なシンプルなタイプの袋でもよいですが、より宣伝効果を高めるという事であれば、オリジナルデザインのも...

激安価格で短納期、紙袋製作を可能にする通販店

小売のお店などではお店で買い物をしてくれたお客さんに対し、商品をきれいに梱包する、それを紙袋に入れて手渡しするケースが多くあります。手提げの袋になるので、荷物が多い時などでも便利に使えるなどからも、大...